RBCとは
RBCは立命館大学放送局(Ritsumeikan univ. Broadcasting Center)の略称で、開局から約70年と長い歴史を持つ放送団体です。
時代の変化に伴い"情報"の在り方も変わり、音声によるラジオ放送からインターネットを通したテレビ放送まで様々な方法で発信してきました。
今やスマートフォンさえ持っていれば「誰もがメディアになれる」と言われています。
そんな中でRBCは学生メディア団体として「今、何をどう伝えるべきなのか」を考え
RBCだからこそできる最適な情報発信を、4パートの力を結集し提供し続けます。

多種多様な活動を3キャンパスで展開

私たちは3キャンパス(衣笠/びわこ・くさつ/大阪いばらき)の約150名で活動しています。

放送局といえば一番に「お昼の放送をしているのかな?」というイメージが多いと思います。

実際、お昼の放送は衣笠キャンパスとびわこ・くさつキャンパスで週1~2回程度行っています。

RBCは校内放送活動以外にも様々な活動を行っています!

4パートの活動

RBCは現在、制作部・アナウンス部・音声技術部・映像技術部の4つのパートから成り立っています。週2~3の練習で各々の技術力を日々磨き、放送活動を行っています!

制作部 ~やりたいことを“カタチ”に

アナウンス部 ~届けたいのは「音」ではなく「声」~

音声技術部 ~理想の音像を探し続ける~

映像技術部 ~可能性、無限大~