副局長

局員に寄り添う

RBCは衣笠、びわこ・くさつ、大阪いばらきの3キャンパスを拠点に活動しており、副局長はそれぞれのキャンパスに1名ずつ置かれています。
副局長の仕事は大きく分けて3つあります。

1. 局員が自由に創作活動できる環境づくり(情報共有・局員の意見反映など)
2. キャンパス間の連携および局長の補佐
3. 局外からの依頼・お問い合わせの受付

それぞれのキャンパスの長として副局長が分担して全局員の補佐を行います。また、キャンパス同士や他団体との連携を円滑に進めることで、RBCの活動向上を支えていきます。

衣笠副局長 才川陽妃 (文学部)

RBCにおける衣笠キャンパスは、最多の局員数を誇り、活動の拠点にもなっています。

今年の衣笠キャンパスでは、局員全員がRBCとしての自覚を持ち、輝ける場を作っていくことを目標としています。また、衣笠キャンパスで週に2回行われるレギュラーラジオ放送で、多くの学生への情報還元を行ってまいりたいと思います。

他キャンパスとの連携を図りながら、これからのRBCの活動向上に努めてまいります。

びわこ・くさつキャンパス副局長 平井遥希 (理工学部)

RBCにおけるびわこ・くさつキャンパスでは、セントラルアーク4階のメディアラボと1階のサテライトブースを拠点に活動しています。

コロナ禍で活動に制限がありますが、その中でも自分達のやるべき事を模索しつつ精一杯活動しております。また、今年度は局員数も増え、局員同士が学年や部署を越えて一致団結して学内メディアとしての責務を果たせるよう努力していきます。

大阪いばらきキャンパス副局長 木納茉菜 (産業社会学部)

RBCにおける大阪いばらきキャンパス(OIC)は、2022年4月で開設7周年を迎える立命館大学の中で最も新しいキャンパスです。

地域社会との連携をコンセプトに作られた校舎であるという特性から、学内外問わず様々な催事運営への協力を行っています。

現在の所属局員数は多くありませんが、他キャンパスとも連携し、より積極的で実りある活動を行えるよう尽力致します。