劇団月光斜さんの2013年度夏公演『ジャンヌ・ダルク』公演1日目を取材してきました!

15世紀のヨーロッパに実在した女性、ジャンヌ・ダルクを元にした劇や映画などはこれまでも数多く発表されてきましたが、今回はそのジャンヌ・ダルクを月光斜なりに表現しています。演出担当の堕落王さんも『学生会館の小ホールでは、役者とお客さんの距離が近く、言葉が伝わりやすい。学生ならでは、自分たちならではのジャンヌ・ダルクを作りたかった』と話していました。ジャンヌ・ダルクの波乱に満ちた人生を、月光斜ならではのアクションやダンス、殺陣などで描いており、観客はその迫力に圧倒されていました。

主演のジャンヌ・ダルクを演じたれいこさんは、『演じる上で言葉を伝えたいという気持ちを大事にしている。声と熱量は誰にも負けない』と話されていました。

毎回素晴らしい演技を披露されている劇団月光斜。今後の劇団月光斜の舞台にも注目です!

合わせて読みたい