6月2日(日)、びわこ・くさつキャンパスのクインススタジアムにおいて、立命館大学アメリカンフットボール部PANTHERS主催、Spring Blitz 2013が行われました。この企画は、毎年春の集大成としてPANTHERSが強豪チームと対戦するというもので、今回の対戦相手は、関東の社会人チームである富士通フロンティアーズでした。また私達は今回の企画までに、The Day of Scrimmageや新歓祭典でのパフォーマンス、壮行会、ビラ配り、当日の音響など、様々な形でこの企画に携わらせていただきました。
 
試合は、PANTHERSのオフェンス、ディフェンス、それぞれの選手が序盤から社会人を攻め立て、16対0で前半を折り返します。特にこの日絶好調だったのが、K/P♯16の佐伯選手で、最長48ヤードのFGを含む5本のFGを成功させました。後半もPANTHERSの勢いは止まらず、WR♯11頓花選手がパントブロックタッチダウンを決めるなど13点を追加し、終わってみると29対7と、今シーズン勢いに乗る富士通フロンティアーズから大金星をあげました。
 
この試合で、実質春シーズンを終えたPANTHERSは、これから夏のトレーニング期に入ります。春のシーズンで得た課題を克服し、秋のシーズンではさらに強くなった姿を見せてほしいと思います。
 
約4ヶ月間、この企画を一緒に作り上げてきた、PANTHERS、応援団、体育会本部のみなさん、ありがとうございました。

合わせて読みたい