3月21日(土)、立命館大学びわこ・くさつキャンパス(BKC)にて2014年後期立命館大学卒業式・学位授与式が行われました。

天候にも恵まれ、キャンパス内には華やかな衣装に身を包んだ卒業生たちの笑い声があふれていました。

また、至る所でみられた後輩たちによる全力のエールや胴上げ、紙ふぶきなどによって盛り上がりをみせるとともに、別れに涙する卒業生の姿も多くみられました。

卒業おめでとう

紙ふぶき

胴上げ

 

 

午後からは立命館大学応援団による演舞・演奏も行われ、盛り上がりをみせました。

応援団2

 

今回は、本日の主役である卒業生の方々にインタビューをしました。

インタ1

Q.大学生活はいかがでしたか?
「すごい楽しかったです。いろんなことをさせていただきました。研究もそうですし、留学やボランティアなど立命館には挑戦できる場所があったので、すごく充実した4年間でした。」(経営学部 野中 奈津美さん)

「本当に充実した4年間でした。かけがえのない友達ができて本当によかったです。」
(理工学部 渡辺 拓実さん)

Q.大学で学べたことは何ですか?

「学部的には経営学部の国際経営学科だったので、マーケティングとかマネージメントとかを中心に学んできたんですが、それ以上に大学では人間力というものを大学では教えてもらったと思います。」
(経営学部 北村 望さん)

「実家から離れて一人暮らしをしてたので、親へのありがたみとか自分で生活する大変さを知れたのでよかったと思います。」
(経営学部 梯 優子さん)

Q.支えてくれたご両親へ伝えたいことはありますか?

「お父さんお母さん、これまで育てていただいてありがとうございます。今日、無事卒業できて本当に嬉しいです。これから恩返ししていきたいと思うので、待っててください。」
(経営学部 大西 沙季さん)

「留年してごめんなさい!」
(理工学部 金子 将大さん)

「4年間大学に通わせてもらってありがとうございました。すごいわがままで迷惑かけることもたくさんあったと思うけど、それを受け入れて理解して支えてくれてありがとうございました。」
(スポーツ健康科学部 坪尾 明音さん)

~坪尾さんのお母さんにもインタビューしました~
「4年間ほんとに彼女(明音さん)がいろんなことに挑戦してくれたし、勉強とかそれこそ人付き合いとかいろんなことを苦しながらにも楽しんでる…まあ苦しんでることの方が多かったかもやけど、こんなん、あんなん、報告っていう形で受け取っていて、それを自分も楽しめたかなって。で、彼女の広がりが私に楽しみをくれました。(涙ぐむ)」

撮影2

たくさんの卒業生をおくりだしたBKC卒業式。
明日は衣笠キャンパスで卒業式が行われます。
また多くの卒業生が、立命館大学で学んだことを活かして社会に羽ばたいていってくれることでしょう!

卒業生のみなさん、ご卒業おめでとうございます!

 

【記事】中西 智耶

【取材】浅野充輝・河野恭子・坂本卓哉・鈴木雄也・津田明日香・中西智耶・長幅洸貴・楢山舞花・三好翔太・山口展生・矢澤達也

合わせて読みたい