9月20日(土)21日(日)の2日間、皇子山球場にて硬式野球部の秋期リーグ第4節、関西学院大学との試合が行われました。
今季、京大、近大相手に無傷の4連勝と流れに乗っている立命の相手は、春季リーグで5回戦までもつれにもつれた関学!土曜日の初戦では、立命は初回に先制点を許すと、2回にも2失点、8回には守備が乱れ大量失点。打線も関学佐藤の前にうまく機能せず、今季初黒星を喫しました。

先発はエースの桜井。
001
1回の関学の攻撃で、ヒットと送りバントで2アウト2塁とされると、4番の松原にタイムリーヒットを許し先制を許してしまいます。
2回にも内野安打と四球などで2アウト1.2塁とされると、3ベースヒットを打たれてしまい2失点。桜井は2回を投げ終え今季最速となる無念の降板となりました。

立命打線は3回、7番高島がセンター前ヒットで出塁すると、送りバントとエラーの間に生還を果たし1点を挙げます。
しかしここから関学先発の佐藤の前になかなか起動せず、一方で3回から2番手ピッチャーとして登板した1回生の東が、5回を投げ無失点に抑える好投を見せ、スコアボードには0が並びます。
002
試合が動いたのは8回でした。
2アウト満塁の好機の場面で小川が三遊間を破るレフト前タイムリーヒットを放ち点差を1点に詰め寄ります!しかし後に続かず攻守交替。
その裏、立命の守備が乱れてしまします。
ショート山足の2つのエラーや変わったピッチャー堀江や松田がヒットを打たれこの回一挙5失点。
6点差を追い上げることができずにそのままゲームセット。
悔しい今季初黒星を喫してしまいました。

003

松岡監督

「リーグ戦を戦っていると必ず負けを経験するが、今日のこの負けを次に繋げなければ意味がない。桜井と山足という投打の柱が不調だった。みんなでカバーしていかないと良いチームにはなれないし、勝つこともできない。気持ちをしっかりと切り替えて明日は勝ちます」

東投手

「(3回から登板し、5回を投げて無失点の好投)心の準備ができていなかったが、ブルペンで調子よく投げることができていたので、その勢いでマウンドに上がった。低めのコントロールが良かった。これからも安定感が売りの自分のピッチングを与えられた場面でしていきたい」

高島選手

「(チーム唯一の2安打で3回の得点にも絡む活躍)関学佐藤とは高校の時から対戦経験があり、春でも打てているし相性がいいと実感している。連勝するということは決して簡単なことではないし、今日の試合でみんなそれぞれ悪い部分を出し切れたと思うので、明日から気持ちを一新して勝つことに必死になっていきたい」

そして日曜日。
黒星を喫し、勝ち点奪取へ絶対に負けられないこの試合。
立命の先発マウンドに上がったのは前節の近大戦で好投を見せた西川大でした。
004
その西川大は今日も見せます!
先頭打者に四球を出したものの三振を二つ奪い初回を打者3人できっちりと抑えます。その後も4つの三振を奪い3回終わって6つの奪三振!流れに乗ります。
しかし4回、関学徳田のヒットから2アウト2塁とされ、増田にレフト前へポトリと落ちるタイムリーヒットを打たれ先制を許してしまいます。
005
それでも好調の西川大。5回6回と2イニング連続の三者連続三振を奪うなど、8回までに奪った三振は驚異の14!圧巻の投球で関学打線に追加点を許さず、立命スタンドも盛り上がりを見せます。
006

一方で立命打線は関学の先発後藤田の前に中々つながりません。2アウトから出塁するものの後に続かず攻守交替という流れが多く、3塁が遠い試合となりました。
9回の関学の攻撃、2アウトからヒットとフォアボールで得点圏にランナーを許したところで先発の西川大は無念の降板。
007
昨日好投を見せた1年生投手の東がしっかりと抑え、
008
残す最後の立命の攻撃にサヨナラの望みを託します。

4番からの攻撃でしたがあっけなく3人で攻撃終了。
そのままゲームセットとなりました。

9回途中まで圧巻の14奪三振を奪う力投を見せた西川大を打線が援護できず、まさかの関学に2連敗。勝ち点を落としてしまいました。

松岡監督

「4連勝していて気が緩んでいたのかな。(前節から)2週間開いていただけに十分な準備をして臨んでほしいところだった。西川はピッチングがよかっただけに勝たせてあげたかった。とにかく関大には勝とうと選手たちには話した。この2つの負けを意味のある負けに、一人一人が自分のことを見つめなおして勝つことに必死になってほしい」

古川敬也主将

「ヒットは出ているがあと1本が出ない。春のように足もうまく使えていないのが負けに繋がっていると思う。2連敗してまったという現実を一人一人がしっかりと受け止めて残す試合を2連勝していきたい。そのために練習の時から1球1球大切にして1チャンスをものにできるように、そして走れるようにしていきたい。(打順が変わり2番に座ってみて)もともと苦手ではないし、むしろやりやすい打順。結果も出てよかった」

西川大地投手

「悪くはなかったが、先頭打者の四球がなかったら4回の対戦打者も違い失点につながらなかったなと思うと悔しい。次からは初めからトップギアでいけるようにしたい。(14奪三振だったが)チームが勝てたらよかった。縦のスライダーがうまく決まった。今日に合わせてやってきたので結果が出てよかった」

2連敗を喫し、優勝のために絶対に負けられない秋季リーグ戦。
今節の負けが意味のある負けに…監督の言葉が心に残りました。
優勝へ。硬式野球部の追い上げに期待です。
次節の相手は勝率リーグトップの関西大学。
9月27日(土)10:30から大阪南港球場にて行われます。
皆さんで硬式野球部にエールをおくりましょう!

取材:楢山 舞花

合わせて読みたい