立命館大学放送局(RBC)

西日本最大の学生放送メディア団体です。

制作部

「誰もが自分の想像を形に」

制作部長 青木一峰(経済学部)

 

制作部は主にプロデューサー・ディレクター業務を行っており、プロデューサーとして番組の企画・演出や、ディレクターとして番組やステージの進行を管理しています。

制作部のみで番組を作ることはできず、他の3パート(アナウンス部・音声技術部・映像技術部)と協力し、連携を取りながら番組を作っていきます。学園祭やオリエンテーション期にステージを運営する際も、出演する団体と話し合いを重ね、より見てくれる人を楽しませるような演出を考えています。このように制作部というパートは放送局内外の多くの人とコミュニケーションを取りながら進めていくパートとなっています。

さらに、自分の「やりたい」、「作りたい」作品を作ることもできます。自分の頭の中に思い描いているものを、実際に形にできるというのも制作部の特色です。

様々な考え方を持った人が集まっている制作部。自分には思いつきもしなかったような作品を仲間が作ることもあり、互いに切磋琢磨しながら活動しています。

 

基本データ
練習日:週2日
過去の成果・作品など
・NHK全国大学放送コンテストLive部門2位
・新歓祭典・学園祭ステージの進行・統括
・学内スポーツ系団体のネット配信の統括
・各種CM制作のディレクション
・キャンパス内生番組のディレクション
・各種学内向け報道番組のディレクション
よくあるご依頼
制作部は、あまり外部から依頼のくるパートではありませんが、過去には、ステージやお祭りの演出のご依頼、映像制作のご依頼(ディレクターとして)、ドラマの脚本の提供のご依頼などを受けました。また映像制作のご依頼のディレクターとしても関わっており、近年は以下のような対外協力を行いました。

・岩手県大船渡市での災害復興支援活動 取材・番組制作
・立命館大学ロンドンオリンピック壮行会 演出・ディレクション
・草津宿場まつりの演出・ディレクション

Return Top