立命館大学放送局(RBC)

西日本最大の学生放送メディア団体です。

アナウンス部

伝えたいのは、音ではなく”声”

アナウンス部長  白井威(総合心理学部)

アナウンス部は、RBCの放送における「情報の最終伝達者」という肩書をもっています。それはつまり、われわれの声が、RBCの声として皆さまに直接伝わるということです。だからこそ、われわれアナウンス部員は、自らの声に強い誇りと責任をもって皆様の前に立ちます。

アナウンス部では、学内・学外ステージの司会や各キャンパス内で放送するオリジナル番組のアナウンサー、体育会系団体の試合における実況と多岐にわたって活動しています。そのような様々な活動に対して、われわれは一つの理念に沿って真摯に取り組んでいます。

それはステージ、音声・映像番組問わず、出演してくださる方々すべてをよりいっそう輝かせるということです。

われわれは、出演者がより良いパフォーマンスをおこなえるような環境を提供することが目的であり、皆様にいつも以上の力を発揮してもらえることを何より大切なことだと思っています。

また出演者のみならず、観客、視聴者の皆さまをどれだけ楽しませることができるか、またどれだけ引き込むことができるかということにも重きを置いています。幅広い教養と適切な言葉遣いを通して、みてくださる方々を魅了するアナウンサーを目指して日々邁進しています。

結びとして、われわれは一アナウンサーとしてだけでなく、ひとりの人間としてマイクを手に取ります。そこで話すことすべては、気持ちのこもった言葉であるべきです。だからこそわれわれは、無意味で単調な音ではなく、ひとりの人間としての想いをこめた“声”を伝えたいのです。われわれの声が、きっと皆さまの心を動かすことができると信じて。

 

 

基本データ
練習日:週3日
過去の成果・作品など
・NHK全国大学放送コンテスト朗読部門2位
・NHK全国大学放送コンテストLive部門2位
・学内外ホールでのナレーション
・学内外行事での司会 (MC)
・学内スポーツ系クラブ出場試合の実況
・えふえむ草津 パーソナリティー
・キャンパス内生放送番組 パーソナリティー
etc.
よくあるご依頼
アナウンス部では、対外協力活動として学内外からの以下のようなご依頼に応えています。

・学内外の各種イベントにおける司会 (MC)
・学内外の各種イベントにおけるナレーション

Return Top