立命館大学放送局(RBC)

西日本最大の学生放送メディア団体です。

スポーツ( 2 )

Category
【硬式野球部】リベンジ戦、悔しくも道が閉ざされる

【硬式野球部】リベンジ戦、悔しくも道が閉ざされる

6月8日(水)、東京ドームにおきまして、全日本大学野球選手権2回戦が行われました。 2回戦の相手は札幌代表の東海大学北海道キャンパス。 立命が昨年の大会で悔しくも1回戦敗退した相手で、リベンジの試合でもありました。 立命は後攻で先発ピッチャーは渡邉投手。 1回表、相手に安打を許すものの、本塁でタッチアウト。相手のホーム...
【硬式野球部】まずは初戦。ここから神宮への道が始まる

【硬式野球部】まずは初戦。ここから神宮への道が始まる

6月6日(月)東京ドームにおきまして、全日本大学野球選手権1回戦が行われました。 3年連続17回目の出場となる、立命館大学硬式野球部の初戦の相手は東日本国際大学。 南東北リーグから勝ち上がってきたチームです。 立命の先発は東投手。1回は両者とも譲らず、無得点のまま進みます。 2回で試合は動きます。2回裏、脇屋の左中間二...
【硬式野球部】春季リーグ、完全優勝逃す

【硬式野球部】春季リーグ、完全優勝逃す

5月23日(月)、わかさスタジアムにおいて関西学生野球春季リーグ最終節、 立命館大学対同志社大学、第三戦ありました。 最終戦までもつれた今回の立同戦。両校ともに負けられない一戦になりました。 試合の主導権を握ったのは同志社でした。 先頭打者の辻がフォアボールで出塁し、送りバントなどで2死2塁とすると井手がレフト前にボー...
【硬式野球部】課題の見えた二日目、悔しさの残る結果に

【硬式野球部】課題の見えた二日目、悔しさの残る結果に

5月22日(日)わかさスタジアム京都におきまして、立命館大学と同志社大学の伝統の一戦、 通称「立同戦」の2戦目が行われました。 一日目に引き続き炎天下での試合となった二日目、試合はいきなり動きました。 1回オモテ、立命エースの渡邉に不調が見られます。 同志社先頭バッター辻をフォアボールで出してしまうと、 続く7番大西に...
【硬式野球部】春季リーグ、優勝の行方は

【硬式野球部】春季リーグ、優勝の行方は

5月21日(土)わかさスタジアムにおいて 関西学生野球春季リーグ最終節、立命館大学対同志社大学、第一戦が行われました。 学生野球の伝統の一戦として京都市民に広く知られている立同戦。 今回は両校に自力優勝の可能性が残っているということで、スタンドは両校の応援団や多くの学生、 さらにたくさんの市民の方でいっぱいになりました...
Return Top