立命館大学放送局(RBC)

西日本最大の学生放送メディア団体です。

楽天よりドラフト1位指名 辰己選手の指名挨拶

立命館大学 衣笠キャンパスで辰己涼介選手の指名挨拶

東北楽天ゴールデンイーグルスからドラフト1位指名を受けた翌日1026日(金)京都の立命館大学衣笠キャンパスにて指名挨拶が行われた。

挨拶には、前日のドラフト会議にて、4チーム競合の末、見事交渉権のくじを勝ち取った石井一久GM(ゼネラルマネージャー)も参加した。

顔合わせが始まるやいなや、石井GMは

「交渉権を獲得できて本当に嬉しかった。最近、肩の上まで腕を上げることが無かったので、ガッツポーズをした時にまだ結構上がるんだなと思った。」と場を和ませる一言を放った。一方、緊張の表情がうかがえた辰己選手もこの発言に笑顔を見せ、これから入る球団との話合いに期待の思いを語った。

その後、メディア向けに開かれた会場では、互いに握手を交わし、前日の楽天カードをつくるという発言により、急きょ準備された巨大楽天カードを持ち、ガッツポーズで写真に写った。

石井GMはインタビューで辰己選手に対し走力、肩の強さなど身体能力の高さを評価した。たヒットを量産できるバッティングセンスに加えて長打が打てる選手だと大絶賛した。

辰己はインタビューで、ずっと関西で育ってきたので、東北のファンの方に関西の良さを知ってもらいつつ、ファンの方に愛される選手になりたい

と語り、プレーではチームの顔となれるような選手、そして日本を代表するような選手を目指すと大きな野心を見せた。

1回生の頃から立命館大学で活躍し続けてきた男が、今後プロ野球でどんな活躍を見せ、どんな記録をつくるのか。

溢れる可能性に期待が高まる。

会見中に談笑する石井一久GMと辰己涼介(10月26日 衣笠キャンパス 撮影=遠藤雪岳)

Text by 遠藤雪岳

Return Top