立命館大学放送局(RBC)

西日本最大の学生放送メディア団体です。

【劇団月光斜】さぁ、みんなで一緒に空を飛ぼう

12月21日(水)から23日(金)までの三日間、
衣笠キャンパス学生会館小ホールにおきまして、
劇団月光斜によります2016年度冬公演『遠ざかるネバーランド』が行われています。

%e6%9c%88%e5%85%89%e6%96%9c%e5%86%ac%ef%bc%93

~あらすじ~
ここは、世界中のどんな地図にも載っていない、夢の国ネバーランド。
孤独な迷子たちも、泳げない人魚も、インディアンの娘も、そして夢の国に迷い込んだ少女も、
みんなが空を飛ぶことを夢見ています。
一方で、ネバーランドには恐ろしい海賊たちも潜んでいました。
ゆらりゆらめく夢の国で、みんなが彼の名を呼びます。
「ピーターパン!」
ネバーランドの住人たちは、果たして空を飛べるのか…

脚本は空想組曲のほさかよう氏、演出は劇団月光斜のあおのゆきさんが担当。
穏やかな海、凍える洞窟、そして重厚な海賊船の上を、ピーターパンと仲間たちが自在に駆け回ります。
また、公演には殺陣の意匠も盛り込まれ、大迫力の剣劇が観客を魅了していました。

%e6%9c%88%e5%85%89%e6%96%9c%e5%86%ac2

演出を担当された、あおのゆきさんにインタビューを行いました。

今回の公演にあたり、こだわった点は何ですか?
「大学生」という立場の、今の私たちがこの作品をやる意味を大切にしました。
舞台と客席の壁をできるだけなくそうと、
舞台や照明、音響等によって舞台上の空間のひろがりを感じられるよう意識し、
各部署のプランを練りました。
月光斜の公演では久しぶりの、幕を基調とした舞台も今公演ならではの特徴になったと思います。

これから公演に来られる方必見のポイントを教えてください。
高校生でもない、社会人でもない、大学生が作るこの物語に何か感じ取っていただけたら嬉しいです。
それぞれの登場人物の変化も注目していただきたい点の一つです。
また、お手元に渡るパンフレットにもこだわりがあるので、本編を観終わった後も楽しんでいただければ。
ネバーランドの世界に浸って素敵な時間を過ごしていただければ嬉しいです。

%e6%9c%88%e5%85%89%e6%96%9c%ef%bc%94

劇団月光斜によります2016年度冬公演「遠ざかるネバーランド」は計三日間の公演です。
ネバーランドは子供の国ですが、大人の皆さんももちろんご観覧いただけますので、
どうぞご安心してお越しください。

【取材・記事】高松優悟

Return Top