立命館大学放送局(RBC)

西日本最大の学生放送メディア団体です。

【硬式野球部】リベンジ戦、悔しくも道が閉ざされる

6月8日(水)、東京ドームにおきまして、全日本大学野球選手権2回戦が行われました。
2回戦の相手は札幌代表の東海大学北海道キャンパス。
立命が昨年の大会で悔しくも1回戦敗退した相手で、リベンジの試合でもありました。
☆G09A7649
☆G09A7648

立命は後攻で先発ピッチャーは渡邉投手。
☆G09A7657

1回表、相手に安打を許すものの、本塁でタッチアウト。相手のホームインを防ぎます。
☆G09A7660
同回裏、立命は二死から3番辰巳が中前安打で出塁し、4番高島も中前安打で続くものの、
盗塁失敗で無得点となります。
☆G09A7669
☆G09A7676

2回は両者とも譲らず、0対0のまま進みますが、3回で試合は動きます。
3回表、井口にレフトへの本塁打を放たれ、0対1。先制点を奪われます。
立命の攻撃では、佐野が中前安打で塁に出るものの、なかなか続きません。
☆G09A7730
☆G09A7755
☆G09A7765

0対1のまま5回表、連続安打と四球で立命満塁のピンチを迎えます。
ここで立命は渡邉投手から黒田選手に交代しますが、3番指名打者の長田に左前適時打を許し、
相手は2点を追加。
さらに4番伊藤の内野ゴロの間に1点を追加。この回3点を奪われます。
同回、立命は点を入れることはできずに0対4となります。
☆G09A7890
☆G09A7868
☆G09A7872
☆G09A7844

そのまま7回表、送球エラーでランナーを許しますが、追加点を許しません。
7回裏、立命は5番岩井のところに代打大林を送ります。相手の送球エラーで一気に二塁まで走り抜けます。
ここで、代走早田に代わります。しかし、後に続かず、この回も無得点。
チャンスをなかなかものにできません。
☆G09A7975
☆G09A7983

8回表、立命は投手交代、山上投手がマウンドに上がり、しっかりおさえます。
立命の攻撃、9番佐野に代打大谷。内野安打で出塁し、続く1番池内も左前安打でまたもや得点のチャンス。
しかし、この後は続かず、無得点。0対4のまま最終回にいきます。
☆G09A8063
☆G09A8025☆G09A8028
☆G09A8033

9回、相手をダブルプレーでおさえるものの、立命は三者三振。0対4で試合終了。
2回戦敗退で、リベンジはなりませんでした。
☆G09A8122
☆G09A8134
☆G09A8135

試合後
☆G09A7855
後藤昇監督
「1点をとれば、流れが変わると思った。しかし、追いつこうという気持ちが弱かった。
秋に向けて、ピッチャーは失投を少なくさせていきたい。」

☆G09A7693
主将 高島勇弥選手
「思いは強かったので、悔しい。
自分たちの思い通りのプレーができないときに、メンバーの冷静さがなくなる。
秋に向けては良い所を伸ばすというよりも、悪い所を克服していきたい。
自分たちがどれだけ冷静になってプレーできるかが大事だと思う。」

☆G09A8141
上を、上を目指していた硬式野球部でしたが、悔しくも今年は2回戦敗退。
しかし、ここで終わりではありません。
秋へと、そして来年へと硬式野球部は続いていきます。
一歩ずつ上を目指して、またここから硬式野球部の戦いははじまります。
☆G09A7698
☆G09A7661

【記事・取材】荘伶奈

Return Top