立命館大学放送局(RBC)

西日本最大の学生放送メディア団体です。

【硬式野球部】まずは初戦。ここから神宮への道が始まる

6月6日(月)東京ドームにおきまして、全日本大学野球選手権1回戦が行われました。
3年連続17回目の出場となる、立命館大学硬式野球部の初戦の相手は東日本国際大学。
南東北リーグから勝ち上がってきたチームです。
G09A7269
G09A7270

立命の先発は東投手。1回は両者とも譲らず、無得点のまま進みます。
☆G09A7398

2回で試合は動きます。2回裏、脇屋の左中間二塁打からはじまり、続く石坂が右中間三塁打を放ち、
立命1点先制。
さらに、佐野が左前適時打で石坂が本塁へ。この回2点を奪います。
☆G09A7318
☆G09A7353
☆G09A7327
☆G09A7315

3回、4回、先発の東は相手チームをしっかり押さえますが、立命もチャンスはあるものの、
なかなか点につながりません。
☆G09A7407
5回裏、池内の中前一塁打から堂犠打で池内が進み、
辰巳が右への適時二塁打で池内が返ってきて1点追加。3対0となります。
☆G09A7420
☆G09A7422

ここで相手の反撃が始まります。6回表、1番山本の遊内野安打から続く2番梅澤がしっかり送り、
4番二橋が左前適時打で1点を返されます。
☆G09A7457
☆G09A7464
しかし、立命もこの回、石坂の左前一塁打から佐野が送り、池内が適時二塁打で石坂が返り、1点追加。
奪い返し、4対1となります。
☆G09A7495
☆G09A7496

7回、また立命にチャンスがきます。辰巳の中前安打から高島が左前安打と続き、
代打村田が四球で満塁のチャンス。続く代打福森が死球で押し出し1点。
そして、佐野が四球でさらに押し出し1点。この回2点追加します。
☆G09A7521
☆G09A7525

8回表、2死の場面で4番二橋に本塁打を打たれ、1点の追加点を許してしまいます。
しかし、この回立命は堂・辰巳が四球で出塁、高島の遊ゴロから相手の暴投で1点を追加。
さらに石原の中前三塁打でさらに1点を追加8対2で大量リードのまま、
9回も東がしっかりおさえ、試合終了。初戦を突破しました。
☆G09A7559
☆G09A7564
☆G09A7585

試合後
☆G09A7612
見事投げ切った東投手
「緊張はあったけど、投げ始めたら緊張はそんなになかった。2年前は勢いで投げていた部分があったけど、今は先発として、エースとして投げられるようになったと思う。
ピンチで焦ってしまうと思い通りにならないので、単調に投げる、同じように投げることを心掛けた」

☆G09A7341
後藤監督
「ピッチャーが抑えて、野手が点をとってといい流れだった。リーグ戦では、バットに当たっていなかったので、リーグ戦が終わってから体力面を鍛えてバッドにあてられるようトレーニングした。
試合中では平常心で向かっていけるようにと選手たちに任せていました」

初戦を見事突破した立命。2回戦は札幌代表の東海大学北海道キャンパスとの試合。
昨年惜しくも敗れてしまった立命のリベンジの試合でもあります。
6月8日(水)9時より東京ドームでプレイボールです。
このままの勢いで進み、目指すは神宮。期待が高まります。
☆G09A7644
☆G09A7624
☆G09A7634

【取材・記事】荘伶奈

Return Top