立命館大学放送局(RBC)

西日本最大の学生放送メディア団体です。

【硬式野球部】序盤大量リードするも粘れずドロー

5月8日(日)ほっともっとフィールド神戸において、
関西学生野球春季リーグ第6節第2戦、立命館大学対近畿大学の試合が行われました。

快晴の天候で迎えたこの試合。
初回、立命は二死二、三塁のチャンスをつくると、5番佐々木がレフトへの2点二塁打を放って先制します。
続く2回には、一死満塁から2番堂が犠牲フライを放ち、1点を加えます。
さらに3回、代わった投手を攻めて、無死満塁の好機に7番早田がセンターへの2点二塁打を放ちます。
続く無死二、三塁では、8番山田が犠牲フライを打って、この回3点を追加します。

5.8野球2

5.8写真6

まだまだ立命打線は止まりません。
5回の二死二塁では、1番池内の1点適時打、2番堂の1点三塁打で加点し、
5回終了時点で近大相手に8点をリードします。

5.8写真1

しかし、先発の渡邊が6回に突如捕まり、5点を失い、マウンドを降ります。
救援陣もピリッとせず、7回に1点、9回に2点を奪われ同点に追いつかれてしまいます。

その後は投手陣が踏ん張り、延長では近大打線を1安打に封じ込めて援護を待ちます。
ところが、立命打線は6回以降延長を含めて近大の2投手の前にわずか4安打に抑え込まれ、
結局、8-8の引き分けに終わりました。

5.8写真3

立命の高島主将は、
「中盤から勝てると油断してしまい、同点まで追い込まれてしまった。
明日の試合では、同じ過ちを繰り返さないよう気を引き締めて臨みたい」
と話していました。

5.8写真5

明日、5月9日(月)
ほっともっとフィールド神戸で立命対近大の第3戦が13時から行われます。
熱い戦いを繰り広げる立命を応援しに、足を運んでみてはいかがでしょうか。

【記事】下山比奈乃・林雄大
【取材】下山比奈乃・立山拓幹・玉城光祐・玉脇志奈・長幅洸貴・林雄大

Return Top