立命館大学放送局(RBC)

西日本最大の学生放送メディア団体です。

【硬式野球部】先発全員12安打で開幕戦白星発進

春の王者、立命の秋が始まりました!

8月30日(土)硬式野球部 秋季リーグ戦第1節がわかさスタジアム京都で行われ、京都大学と対戦しました。
京都大学の先発は、プロ注目の田中。
立命はランナーを出すものの、牽制死などでなかなかリズムをつくることができません。
しかし3回、試合が動きます!
先頭打者の尾松が内野安打で出塁すると、桜井が送ります。
002
2番八代がレフト前ヒットを放ち、2アウト1,3塁とすると
003
つづく3番横川のセンター前ヒットで3塁ランナー尾松がホームイン!
004
1点を先制すると、リーグ戦初スタメンの4番古川昂が左中間を破る2点タイムリー3ベースヒットを放ち2点を追加!
005
なおも2アウト3塁の場面で、5番小川が冷静に四球を選択し出塁すると、6番主将の古川敬が二遊間を破るタイムリーヒットで古川昂が生還。
この回一挙4得点をあげ、京大田中をマウンドから引きずり降ろしました。
立命の先発は、春季リーグタイトルを総なめにしたエース桜井。
006
圧巻のピッチングで8回まで京大打線を完封します。
9回、試合が再び動きます。
先頭の7番高島がレフト前ヒットで出塁!
つづく尾松の場面、ランエンドヒットで1塁ランナー高島が3塁まで進むと
007
尾松がすかさず盗塁し0アウト2,3塁のチャンスを作ります。
ここでバッターは桜井。自らのバットで2点タイムリーを放ち6-0と京大を突き放しました。
006
しかしその裏、桜井が崩れます。
3連打で0アウト満塁とされ、2アウトをとるものの押し出しの四球で1点を献上してしまします。つづく7番松尾にはタイムリーを打たれ6-2。
桜井はここで降板してしまします。
009
代わってマウンドに上がったのは松田。
2アウト満塁からタイムリーを打たれ2点を返されてしまいますが、なんとか逃げ切り試合終了。
6-4で立命は初戦を白星スタートできりました。
010

松岡監督

「桜井の調子は悪くなかった。ただ自分で打って気持ちが上がったのかな。打線は先発全員安打。京大田中から4点を奪ったけど相手は関係ない。センター狙いで走るときは走る。これができていたからいいリズムをつくれた。後味が悪い試合になってしまったので、明日はもっと元気な立命野球をみんなでしていきます。4番の古川昂はとても良かったね。これを機に自信をつけていってほしい」

古川敬 選手(主将・タイムリーを含む2安打)

「打線が好調だった。このまま春よりいいチームにしていきたい。自分自身はオープン戦から調子が良く、今日も2安打できた。これからもっと活躍し、春秋連覇できるように頑張っていきたい」

桜井 投手(勝利投手・打撃でも打点2の活躍)

「カーブが決まっていて、緩急をうまく使うことができた。最後は勝ちに対して急いでしまった。ボールも高めに浮き腕を振って投げなければいけないと思った。完投できず悔しく、そして課題の見つかったゲームになった。次にしっかりと繋げていきたい」

古川昂 選手(リーグ 初スタメン初フル出場の4番・3回に2点タイムリー)

「いい緊張感で試合に臨むことができた。相手が田中投手ということでチャレンジャーの気持ちで臨むことができたのが結果に繋がった。気持ちを切り替えて明日もしっかり勝って勝ち点をあげたい」

 

 

取材:楢山 舞花

Return Top