立命館大学放送局(RBC)

西日本最大の学生放送メディア団体です。

一瞬一瞬を大切に 今後につながる演奏会 ~吹奏楽部SUMMER CONCERT 2014~

取材日

2014年7月5日(土)

ニュース概要

調整中

制作スタッフ

調整中

取材記事

7月5日(土)私たちは京都府八幡市にある八幡市文化センターで行われた『立命館大学応援団吹奏楽部SUMMER CONCERT 2014』を取材してきました!

会場前のリハーサルでは緊張の面持ちで練習をされていましたが、演奏が始まってからは終始大迫力のステージで会場を沸かせました。

この演奏会は、コンクール課題曲を中心とした曲の多い『シンフォニック』、世界の様々な国の曲を中心とした『ポップス』、大迫力の演出の『マーチング』の三部構成で行われました。

そしてこの中で最も会場を沸かせたのが最後のマーチングです!
『オズの魔法使い』をテーマに、ただ演奏するだけではなく、会場全体を使った演出でまるで1つのショーを見ているかのような大迫力のステージでした

演奏終了後、興奮冷めやらぬ中部長さんにインタビューをしてきました!

今日のサマコンを振り返ってみて一言お願いします。
自分にとって最後のサマコンが終わったということで、いろいろな気持ちでいっぱい。1年生の時は、実はやめたいと思っていましたが、ここまでやってきて本当に良かったです。
無事に終えた今、部員たちになんと声をかけますか
とにかくお疲れ様と言いたいです。そして、ありがとうと。
今日のサマコン、何点ですか
点数なんてつけられません!1瞬1瞬が素晴らしかった!今日得た収穫や反省を大切に、今後に向けてまた明日から練習していきたいです。
来てくれた方々に一言お願いします
立ち見席が出るほどの超満員で感激した。来てくれて本当にありがとうございます。近年コンクールでは低迷が続いている中でも、こうして多くのお客様が私たちの演奏を楽しみに来てくださった。この演奏会を今後の活動の糧にしていきたいです。

ここまで苦労して積み上げてきた思いがひしひしと伝わってきました!

立命館大学応援団吹奏楽部は、昨年定期演奏会が第50回と節目の年であり、今年は次の50回へのスタートの年として、全国大会出場、そして金賞受賞を目標に活動しています。

冬の定期演奏会、チャーリングフェスティバル、さらに東日本大震災の復興支援演奏会など、今後も立命館大学応援団吹奏楽部の活躍にご期待ください!!

文:三浦俊亮 楢山舞花

Return Top