立命館大学放送局(RBC)

西日本最大の学生放送メディア団体です。

【硬式野球部】延長の末 総力戦で勝ち取った悲願の優勝

取材日

2014年5月27日(火)

ニュース概要

調整中

制作スタッフ

調整中

取材記事

長かったシーズンが最高の形で幕を閉じました。
5月27日(火)滋賀県の皇子山球場で硬式野球部の優勝決定戦が行われ、延長14回にも及んだ激闘をものにし、4季ぶり34回目の優勝を果たしました!

試合は初回にいきなり動きます。
2番の益田が右中間を破る3ベースヒットを放つと
001
続く八代が落ち着いて死球を選択。

1アウト1,3塁の場面、ここで不振に悩んでいた4番高島!
002

二遊間を破るタイムリーヒットを放ち3塁ランナー益田がホームイン!
003
なおも2アウト1,2塁で6番キャプテンの古川敬也がライト前タイムリーヒットを放ち、この回2点を先制します!
004

しかし4回、2アウト2,3塁からエラーで2点を献上し、また7回には2アウト1,2塁の場面から連打を浴び逆転を許してしまいます。

しかし8回、1アウト1,3塁の場面で再び高島!

タイムリーヒットで同点に追いつくと、ヒットとエラーで1アウト満塁。こちらもまたまたキャプテンが魅せます!

レフト前タイムリー2ベースヒットを放ち、見事勝ち越しに成功しました!
005

しかし、その裏すぐに再び関学大の打線が粘りを見せます。四球と連打からノーアウト満塁のピンチを迎えると、7番黒木にライト前タイムリーヒットを打たれ5-5の同点に。ハラハラドキドキのシーソーゲームとなり、この試合は延長戦へと移ります。

迎えた延長14回、立命はエラーや内野安打などで2アウト満塁をつくり、ここで回ってきたのはまたまた高島!
006
ライト線を破る3点タイムリースリーベースヒットを放ち試合を決定づけました!
007

投げては、立命はピッチャーを6人注ぎこむ総力戦となりながらも、8回から登板した松田が7回を無失点に抑える好投で追加点を与えず、勝ち投手になりました!
008
立命は4季ぶり34度目の優勝を果たしました!!
009

閉会式では春季リーグの表彰式も行われ、立命からは桜井がMVP、最優秀投手賞、ベスト9投手部門の3つの部門でタイトルを獲得しました!
010
試合後のインタビューです!

松岡監督

「とても嬉しい。選手たちがよく頑張ってくれた。あまり調子のよくなかったキャプテン古川と4番高島が打ってくれて非常に良い点数の取り方だったと思う。松田がよく投げてくれた。非常に苦しいリーグ戦を総力戦で勝ってきたのだから、全日本でもウチのチームの全ての力を思う存分出して総力戦で勝ってきたいと思う。応援よろしくお願いします。」

主将で本日4打数2安打3打点!
古川 敬也

「みんなが繋いでくれたチャンスだったし、今まで打ててなかったから絶対に打ってやろうと思って打席に入った。多くの人の応援のおかげでここまで来ることができた。周りの人に感謝しながら、全日本では気持ちを1つにして1つでも多く勝てるように頑張りますので応援よろしくお願いします。」

本日3安打5打点、決勝打を放った4番
高島 勇弥

「最高です。チャンスで打てて、繋いでくれた先輩方に感謝しかないです。苦しいときもあったけど監督が信じ続けてくれて4番として最後に結果を残すことができてよかった。全日本では、1勝1勝積み重ねていって全国優勝できるように頑張ってくる。」

7回を投げ無失点、本日の勝利投手
松田 侑樹

「優勝できて本当にうれしい。ずっと調子が悪くて今日も不安だったが、自分なりに修正しながら投げることができたと思う。ここ最近神宮では勝てていないのでまずは1勝を目指して頑張ってきたいと思う。今日みたいなピッチングを出来るよう、頑張る。」

MVP、最優秀投手賞、ベスト9投手部門の3つのタイトルを獲得
桜井 俊貴

「チームで目標にしてきた優勝を成し遂げることができてよかった。キャンプでやってきたことがこのタイトル獲得につながったと思う。今シーズンは終盤で疲れが出てしまったので、スタミナをつけていきたい。リーグ戦でやってきた勝てるピッチングを全国の舞台でもやってきたい。」

長く決して楽ではなかった春のリーグ戦を優勝という最高の形で締めくくった硬式野球部。
次なる舞台は夢の全日本。全国各地のリーグ戦を勝ち残った強豪チームを相手に、立命らしい「全員で守って繋いで勝つ」野球をすることができるのか。
全日本大学野球選手権大会の立命の初戦は、6月11日(水)午前11時から東京ドームで奈良学園大学との一戦です。
全国の舞台で戦う硬式野球部に皆さんで声援を送りましょう!

取材:楢山 舞花

Return Top