立命館大学放送局(RBC)

西日本最大の学生放送メディア団体です。

ラグビー部 学生王者に敗れる

5月25日(日)西京極球技場で平成26年度 第43回京都ラグビー祭りが行われ、大学交流戦にラグビー部が参加しました。
対戦相手は大学選手権5連覇中の学生王者帝京大学でした!

01

前半6分、いきなりトライを決められると、帝京の流れを止めることができません。
#13TBの宮本がゴール手前までくるプレイで盛り上がったものの、

02

帝京の固い守りを突破することが出来ません。
その後も6分に1本という速さでトライを決められ続け、前半を終えてみると29‐0。立命らしい攻撃ができないまま、後半へとうつります。

なんとか流れを引き寄せたい立命でしたが、後半にも3本のトライと2本のゴールを決められてしまい、ノーサイド。

48‐0で敗れてしまいました。

03

試合後のインタビューです。

中林監督

「強かった。(2年前に対戦した時と同じスコアということで)成長がないね。想定していた強さではあったが、1つもトライが獲れなかったというのは痛い。この時期に王者と戦えたということは本当に良い経験になった。」

キャプテン #3 西村選手

「すべての部分において立命より上だった。立命の良さを出していきたかったが、全く自分たちのプレーをさせてもらえる隙が無かった。悔しさしかない。まだまだ自分たちは通用しないんだと思い知らされたが、課題を見つけることが出できたので収穫はあった。今日の経験を秋に活かしていきたい」

次戦は6月1日、BKCクインススタジアムにて関西学院大学との戦いです。今シーズンも優勝を目指して勢いにのるラグビー部への声援をよろしくお願いします!

写真・文:楢山 舞花

Return Top